LIVE 画像共有 動画共有 ファイル転送 絵チャ DDNS 捨てメアド
マビノギ
  URL短縮 | 問い合わせ | 稼働状況
[Windows] DiCE for Windows を使用してIPアドレスを自動更新する方法
1. 下記ページから「DiCE for Windows」をダウンロードしてインストールします。
DiCE DynamicDNS Client (http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/)

2. DDNS Now用のプラグインファイルを下記からダウンロードしてください。
DDNS Now用のプラグインと自動インストールバッチ

3. zipを解凍し、中にある「plugin_install.bat」を右クリックして「管理者として実行」します。
※もしも自動インストールが正常に動作しない場合は、中にある「DDNSNow.plg」を「C:\Program Files (x86)\Sarad\DiCE\plug-in」(64ビットの場合)に入れてください。

4. 「DiCE」を起動して[イベント]の[追加]を選択します。

5. 下記の通り設定して「保存」をクリックしてください。
サービス: 「DDNSNow」
ホスト名: DDNSNowに登録したユーザ名 (f5.siなどドメイン部分は除く)
ドメイン名: 「f5.si」
ユーザー名: DDNSNowに登録したユーザ名 (ホスト名と同一)
パスワード: DDNSNowに登録したパスワード (もしくはパスワードのかわりにAPIトークンを指定してもOK)
頻度: 「IPアドレス変化時」
変化が無い時: 「7日毎」 (それ以下に設定できません)

6. 追加されたイベントを右クリックして「今すぐ実行」をクリックします。
「正常にIPアドレスを更新しました」と表示されれば設定は完了です。

7. DiCEをPC起動時に自動起動したい場合は「スタートアップ」にショートカットを入れておきます。
※Windows10ではWindowsマーク右クリック→「ファイル名を指定して実行」→「shell:startup」からスタートアップフォルダを開けます。
[Linux] crondでIPアドレスを自動更新する方法
1. wgetがインストールされているか確認します。
wget https://ddns.kuku.lu/
インストールされていなければ、「sudo yum install wget」(CentOSなど)、「sudo apt-get install wget」(Ubuntuなど)でインストールしてください。

2. cronに登録して定期的(1分ごと)に実行させるには、下記のようにします。
crontab -e
下記を行末に追記
0-59 * * * * wget -O DDNSNow_update.log "https://f5.si/update.php?domain=ユーザ名&password=パスワード"
ユーザ名: DDNSNowに登録したユーザ名 (f5.siなどドメイン部分は除く)
パスワード: DDNSNowに登録したパスワード (もしくはパスワードのかわりにAPIトークンを指定してもOK)
HTTPリクエストで更新する方法
下記のHTTP GETでAレコードの更新が可能です。
https://f5.si/update.php?domain=ユーザ名&password=パスワード&ip=IPアドレス
※「&ip=」を指定しない場合はアクセス元のIPアドレスを自動的に設定できます。
※「パスワード」は平文のパスワードのほかにAPIトークンも使用できます。
レスポンスは下記の通りです。

ERROR:100 (※パスワードまたはトークンが間違っている)
ERROR:110 (※ユーザ名が間違っている)
ERROR:120 (※IPアドレスの形式が不正)
ERROR:200 (※DDNS Now側システムエラー、DBサーバに接続不能)
ERROR:210 (※DDNS Now側システムエラー、DNSサーバに接続不能)
ERROR:300 (※DDNS Now側システムエラー、更新確認不能)
ERROR:400 (※詳細設定でCNAMEが設定中のためAレコードが利用不可)
OK:SUCCESS (※正常に処理完了)







© DDNS Now.
お問い合わせフォーム | 利用規約